高額買取が期待できる着物の種類とは?

着物を高く売りたい!チェックポイントは?

ついつい箪笥の肥しになってしまう着物、めったに着る機会もないし、かといって捨てるのももったいない。
買取に出したいけど断られたという話も聞くし・・・という方も多いと思います。
実際、どのような着物が高く買い取ってもらえるのでしょうか。
買取の基準は「 正絹(絹製)の着物」であることが第一で、正絹以外の着物(ウール・化学繊維)は査定がつかない場合がほとんどです。そして、より高額な査定がつくには「未使品であること」「シミや汚れのない着物」というのがポイントになります。また、「有名作家の作品」「有名産地の着物」もポイントが高いです。着物には種類によってランクがあり、最も高額の査定が付くのは訪問着と振袖です。洋服のように細かなサイズはありませんが「丈が長い着物」ですとなお良いです。
ただし正絹であっても喪服や無地の黒い着物、着物の下着である長襦袢は買い取りを断られる場合が多いです。
最大のポイントは購入時に受け取る「証紙」が有るか無いかです。証紙は「購入時期を証明するもの」「着物の産地を証明するもの」ですから、証紙があると格段に買取価格は上がります。

着物の買取価格、相場は?

気になる着物の買取価格ですが、査定の相場は幾らくらいなのでしょうか。
生地が正絹である・汚れや傷がない・購入から10年以内で証紙があるものを基準にして調べました。
買取店の査定基準や着物の状態によって変わるため一概に決まった価格はなく、価格帯も幅広いですが、だいたい訪問着・振袖ですと数千円~数万円の値がつきます。小紋・付け下げ・黒留袖・紬ですと数百円~数千円程度、有名産地や作家の帯も数千円で買取ってもらえる場合があります。また根付や帯締めなどの和装小物も状態などによっては買取ってもらえることが可能です。状態や材料、産地・作家などによって変わりますが、だいたい数百円~数千円程度の査定が付くようです。

© Copyright Collectible Kimono. All Rights Reserved.