着物だけじゃない!着物と一緒に買い取ってもらえる和装小物の種類とは?

帯なら高値で買取可能

着物と同じように、和装小物も買い取ってもらえます。もちろん保存状態やブランドによって買取価格は変わってきますが、場合によっては着物より高値になることさえあります。
まず和装小物の中で、最も需要があるのが帯です。特に礼装用に用いられる袋帯は、振り袖や留袖の他、訪問着にも合わせられるため人気があります。刺繍や柄が施されているものはそれだけ高い値段になります。主におしゃれ着や外出着に使われる名古屋帯は、 織りと染めのどちらも買取可能です。西陣織なら格式高い着物にも合わせられるため、高値が付きます。その他、花嫁衣装に使う丸帯や、通常の帯幅の半分しかない半幅帯、そして兵児帯や角帯など、全ての帯が買取可能です。

買取可能な帯以外の和装小物

帯留めや帯締めなどの小物はもちろん、和装小物の中でも、かんざしのような装身具は買取可能の商品です。帯留なら、素材にめのうや象牙を用いたもの、金工師の手で細工が施されたものなどに、高値が付きます。漆塗りのものにも需要があります。
髪をかき上げるこうがいは、髪飾りとしても人気があります。素材としては、銀や水晶の他、さんごやめのう、べっこうで作られているものが、多く買い取られています。くしでは、和風の絵柄があるもの、状態の良いものが好まれます。
また、和装バッグや足袋、扇子、風呂敷やふくさ、着物ハンガーなども買い取ってもらえます。お茶の道具と、茶道の稽古用着物があるなら、併せて査定してもらうと良いでしょう。

© Copyright Collectible Kimono. All Rights Reserved.