覚えておこう!着物の上手な保管方法とは?

着物の保管は湿気を避けるのが基本

着物を将来的に高く買い取ってもらうためには、ベストな状態を保っておくことが大事になります。
着物の場合商品価値を劣化させないための基本は湿気に晒さないことが大前提です。湿気を避けて、防虫剤と一緒に保管しておくことで、品質の劣化や、虫食いによる穴あきなどを防ぐことができます。湿気を防ぐためには、できるだけ湿気が入ってくることがない箪笥にしまっておくことがベストですが、プラスチックケースや、段ボール箱の中にしまっておいても、特に劣化が進むわけではありません。日陰に保管しておくことが一番の保管方法なので、直射日光に晒すなどということは絶対に避けるようにして、直射日光を完全に遮断できる湿度の低い場所で保管しましょう。

一番ベストなのは桐箪笥

着物の保管で一番ベストな保管場所は、桐箪笥です。
桐箪笥の場合、隙間があまり開いておらず、虫が侵入できるような隙間が無いため、外注の侵入を未然に防ぐことが可能です。また桐箪笥の場合、密閉度の高さから、湿度を一定に保っておけるという利点が存在します。乾燥させた状態を常に保つことができるのは、着物の保管をする場所ではこの上ない環境となりますから、着物を保管する場合にはできるだけ桐箪笥の中に大切にしまっておくことにしましょう。実際高級な着物を桐箪笥で保管し続けた場合、品質を長きにわたって維持できるので、買い取りに出した際にも高値が付くことが多くなります。大切な着物は常日頃から気を配って保管しましょう。

© Copyright Collectible Kimono. All Rights Reserved.